盛り塩を使った開運術

塩には浄化作用があると言われています。そのため身を浄化したいときに使うのがこの「盛り塩」です。玄関先や自宅の中に置くことで厄除や邪気払いを行い、幸運を引き寄せてくれるので運気アップの開運アイテムとしても人気があります。

この盛り塩ですが、ただお皿に盛って置いておくだけでは意味がありません。しっかりと正しい置き方でセットし、置くべき場所に設置することで望んでいた通りの効果を表してくれます。開運効果がほしいのであれば正しい方法でお使いください。
盛り塩で使う塩は天然の粗塩です。これを平たいお皿や半紙に10グラムほど盛って置いておきます。置く場所ですが玄関・キッチン・お風呂・トイレなど厄が溜まりやすい場所に置くと良いでしょう。玄関の両サイドに置くと外から入ってくる厄を祓い落とし、家の中に幸運を呼び込みます。キッチンは食事を作る場所ですので家族全体の健康運がアップします。

 

お風呂は家に持ち帰ってきた厄を洗い流す場所なので洗い落とされた厄を浄化するためには
最適です。そしてトイレは汚いものが溜まる場所であるため同じく厄を浄化する効果が高いです。お風呂は家族の愛情運アップ、トイレは健康運アップの開運効果があるので置いておくことをオススメします。
子供に恵まれない家庭はトイレと寝室に盛り塩を置くと良いです。仕事が思うようにいかないときには東の方角に盛り塩を置いてください。そして安眠できないときは寝室の4隅、もしくは両サイドに盛り塩を置きましょう。このように適切な場所に盛り塩を設置すれば運気は確実にアップします。盛り塩は手軽に作れるものですし、お金の負担も少なくて済むのでオススメの開運アイテムです。開運効果を得るためにもぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>